カレーの街よこすか

よこすか海軍カレー ライスカレー

カレーで街おこしの先駆け的な都市が、神奈川県横須賀市。「よこすか海軍カレー」の名称は、当事者で登録商標が取得されており、しかも、「よこすか海軍カレー」は、その定義として、「B級グルメではありません」とも、はっきり謳っているから、「ご当地グルメ」としての位置づけを、「B級グルメ」とは一線を画している辺りにも、何か強い本気度というのか意気込みを感じさせるよね。
勿論、「B級グルメ」の賛否を言っている訳ではないと思うけどね。

↓カレーの街よこすか加盟店公式ウエブサイトは、こちら↓
カレーの街よこすか » よこすか海軍カレーとは (kaigun-curry.net)

【定義】
よこすか海軍カレーとは
その1.「海軍割烹術参考書」(明治41年)のレシピをもとに現代に復元したカレーです
その2.原則として、横須賀市内でしか提供できません
その3.必ずサラダと牛乳をセットにして提供しています
その4.よこすか海軍カレーは、「ご当地グルメ」です B級グルメではありません
その5.カレーの街こすかの認定店だけが名称使用を許可されています

【レシピ】
「海軍割烹術参考書」に書かれているカレーのレシピとは?どんなものだったのでしょうね。
てことで、「海軍割烹術参考書」には、カレイライスのレシピとして、下記の記述があるのだそうだけど…。
三、カレイライス
材料牛肉(鶏肉)人参、玉葱、馬鈴薯、「カレイ粉」麥粉、米
初メ米ヲ洗ヒ置キ牛肉(鶏肉)玉葱人参、馬鈴薯ヲ四角ニ恰モ賽ノ目ノ如ク細ク切リ別ニ「フライパン」ニ 「ヘット」ヲ布キ麥粉ヲ入レ狐色位ニ煎リ「カレイ粉」ヲ入レ「スープ」ニテ薄トロヽノ如ク溶シ之レニ前ニ 切リ置キシ肉野菜ヲ少シク煎リテ入レ(馬鈴薯ハ人参玉葱ノ殆ド煮エタルトキ入ル可シ)弱火ニ掛ケ煮込ミ置キ 先ノ米ヲ「スープ」ニテ炊キ之レヲ皿ニ盛リ前ノ煮込ミシモノニ鹽ニテ味ヲ付ケ飯ニ掛ケテ供卓ス此時漬物 類即チ「チャツネ」ヲ付ケテ出スモノトス

読みやすくすると下記のような感じか?
カレーライス
《材料》
牛肉(または鶏肉)、ニンジン、タマネギ、ジャガイモ、塩、カレー粉、小麦粉、米
ほか、牛脂、スープ 添え物として漬物(チャツネなど)
《作り方》
1.はじめに米を洗い置く。
2.牛肉(または鶏肉)、牛脂、タマネギ、ニンジン、ジャガイモを、あたかもダイス状に切る。
3.フライパンにヘット(牛脂)を敷き加熱し小麦粉を狐色位になるまで煎り、そうしたらカレー粉をその鍋に入れ、スープで薄いトロロの濃さに溶かす。
4.別鍋で、先に切って置いたニンジン、タマネギ、牛肉(または鶏肉)をざっと煎り、3.のフライパンに入れて火に掛けて弱火で煮込む。但し、ジャガイモはタマネギ、ニンジンが殆ど煮えてから入れるべし。
5.1.の米をスープで炊く。炊き上がったら皿に盛る。
6.4.の煮込んだものを塩で調味し、皿に盛ったごはんに掛けて盛り付けを完成させる。
7.このとき、漬物類として「チャツネ」を付け合わせで添える。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

低糖質ごはん米5kg(5kg×1袋)
価格:3456円(税込、送料別) (2021/2/21時点)

楽天で購入

 


【倶楽部まさやん的レシピ解説】
1.米は、ササニシキとか、タイ米とかの、高アミロース米が、良いのではないか?スープで炊くのであれば、高級コシヒカリの必要性はないと思う。
2.麥粉は、小麦粉でいいかと思う。
3.スープは、鶏ガラスープ。なければ、顆粒のチキンブイヨンか、創味シャンタンDXでも使おうか。
4.タマネギをダイス状には切れないので、先ず、繊維に垂直方向に真っ二つ、平面を下にまな板において、横に2等分、縦に3等分位の6分割×2程度に切り分けるとちょうどいいと思うけど。
5.牛脂は、使うと美味しいし、レシピの根幹かも知れないけれど、鶏肉使う際は、違う気もする。バター(またはラード)とキャノーラ油を1対1くらいで使うか、思い切ってオリーブオイルのみ使うとかも、アリじゃないかと。
6.分量が書いていないのがイマイチ惑わせるけど、後日検証してみようかと。
7.チャツネは、自分で作れるツワモノ以外は、市販のもので。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

創味シャンタン デラックス 業務用(1kg)【創味】
価格:1382円(税込、送料別) (2021/2/21時点)

楽天で購入

 


【食べ歩き】
「よこすか海軍カレー」の定義として、「原則として、横須賀市内でしか提供できません」て事なのだそうで、「よこすか海軍カレー」を食するためには、基本的に、現地に出向く必要がありそう。よこすか海軍カレー
そういえば、横浜市関内に「横濵カレーミュージアム」が開館していた当時には、確か、「ぐーるMAN」てお店が、「よこすか海軍カレー」を提供していた様に記憶しているから、こういうのが、例外扱いだったて事かな?
2001年6月に訪ねた「ぐーるMAN」では、“ポテトコロッケを乗せたビーフたっぷり海軍カレー”だった。
「よこすか海軍カレー」の定義として、「必ずサラダと牛乳をセットにして提供しています」て事なのだそうで、牛乳が苦手な私等は、完食困難なセットメニューになっちゃう。ヨーグルトやラッシーに変えてくれるとか、そーゆー救済措置的アレとか、あれば嬉しいのにと個人的には思うけどね。
カレーの街よこすか認定店てのは、40店以上あるそうで、これらを一覧しようとすると、追加加入があったり、記載が漏れたりすると、いろいろややこしいのでここには書かない。地元では、親切な案内パンフとかがあると思うので、そちら参照した方が確かかも。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

よこすか海軍カレーコロッケ(70g×12個)×6袋 冷凍食品
価格:3000円(税込、送料別) (2021/2/21時点)

楽天で購入

 

【魚藍亭について】
カレーの街よこすか 認定第一号店「活魚料理 魚藍亭」は、2017年8月27日に閉店した。2018年2月には、同店で8年間料理長を勤めた甥御さんが、横須賀中央駅近に「魚藍亭」を再オープンさせ、現在に至るらしい。

ジャガイモをお取り寄せしよう!


 

農家直送で、淡路島のたまねぎをお取り寄せしよう!


本記事は、2001年9月9日以前の倶楽部まさやん日記を復刻編集加筆し、リニューアルしています。

タイトルとURLをコピーしました